ここ10年で世界を変えた技術革新3選!

雑記

新しい技術ってワクワクしますよね!

Image by JLB1988 from Pixabay

どうも!新しいモノ好きって言いたい壁です。

新しいモノには興味があるのですが、めんどくさくて

ちゃんと調べようとはしていないダメな私なのですが

最近成毛眞さんの著書「2040」関連の動画をYoutubeで見て

これからの技術の進歩は今までの比にならないほど速くなるって

話題がありまして、これを聞いた時

「技術の進歩に乗り遅れないようにしないとだよなー」

って漠然とした危機感が湧いてきたんですね。

そこからそういえば今まで世界を変えるような技術の革新ってなにがあった?

っていうのが気になりました。

そこで今回はここ10年ぐらいで世の中に認識されためっちゃすごい製品を

ご紹介しようと思います。

とはいえ技術の革新となるぐらいの製品なので誰もが知っているようなものです 笑

まぁいきましょー

iPhone

Photo by Neil Soni on Unsplash

今では日本人の約5割がiPhoneを使っているといわれています。

[2022年]日本のiPhone・Androidシェア率調査結果|世界と比べたスマホシェア - SIMチェンジ
iPhoneとAndroidのシェア率の調査結果をまとめました。日本ではiPhone有利とされていますが、最新のシェア率と過去7年に遡ってのデータがわかります。国別、機種別、メーカー別など様々な角度からシェア率と今後の行方を分析しているので、資料作成や市場調査にお役立てください。

私もiPhoneを使っていますし、私の友人も大体iPhoneを使っていますし

私の周りではもうiPhoneを使うのが常識みたいになっています。

今では普通になったiPhoneですが

発売された当時はタッチ操作が出来るし電話が出来るしインターネットが出来るし

っていう夢のようなデバイスでしたよね。

確実に世界の流れを変えた製品かと思います。

そんなiPhoneが発表されたときの映像が以下です。

見てみると分かるのですがスティーブ・ジョブズの説明がまぁうまい!

こんな夢のような製品作りましたよ!って感じで説明しているのですが

本当にすごい製品が出来上がった感が出ています。

ここから歴史が変わったって思うとなんかすごい発表だなって思いました。

3Dプリンター

私は2010年代初期にこの3Dプリンターのニュースをみて衝撃を受けました。

普通作るのが難しいものをこの機械は簡単に作れてしまうんですよね。

本当にドラえもんのひみつ道具みたいな感じで

こんなすごいものが出来てしまったのかと思いました。

3Dプリンターは実は1980年頃から世に出ていたようなのですが

あまりにも高いので個人で所有することが出来にくなったそうなんですね。

それが2010年代になるとコストが下がり個人でも所有することができるようになったんだそうです。

ただ、確かニュースになったころはアメリカでは買えるけど日本ではまだ買う人は珍しい

みたいな報道だった記憶があるんです。

そこから7,8年経った今どうなってるんだろうと思って

さっきamazon見てみたら以下が見つかりました。

なんと今となっては4万円以下で3Dプリンターが買えちゃうらしいです。

すごいですよね。

以下フィラメントというものが普通のプリンターでいう「インク」の役割をしているようなので

プリンターとフィラメントを買えば何かを作ることが出来るようです。

こんなに安くなっているとは思わなかったので

ちょっとほしくなりました 笑

自動運転

最初に自動運転をニュースで見た時も衝撃を受けました。

なんで自動でハンドルが動いているの?って思いましたね


本当に魔法みたいだと思いました。

上記動画はTeslaのテストドライブの映像なのですが

すごいですよね!

ついにここまできたのかって思いました。

私はこの自動運転に衝撃を受けたため

JDLAのE資格を合格したいと思ったんです。

なんでこんなことが出来るようになるのか、その仕組みがめっちゃ気になったんですよね。

勉強した結果今ではどうしてこんなこと出来るようになるのか

カラクリの部分はなんとなく理解できたのですが

まぁ…予想通り難しい世界でした 笑

自動運転はレベル0~5まで決められており

レベルが上がるほど自動化される部分が多く占めるような感じです。

レベル1とかはアクセルを一定に保つとか簡単が自動化ですね。

レベル5は全てを機械がコントロールする完全な自動化のイメージです。

自動運転レベルとは?定義・呼称・基準は?
自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2022年2月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4


今世の中に出ているのはレベル2相当なようで

もしかしたら今年中にはレベル3の製品が世の中に出回るかもしれません。

ちなみにレベル2からレベル3に上がるっていうのは

結構ハードルが高いんですよね。

レベル2まではあくまで人が車をコントロールするっていうイメージなのですが

レベル3からはAI側がメインで車をコントロールし人間はそのサポートを少しする

ぐらいになるんです。

ということでレベル3の製品が出来たらかなりすごいんですよね。出来るのがたのしみです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

上記3つはどれもすごいですよね!

これからもっともっとすごいものが出来るんでしょうか。

頭がついていかなくなりそうなので、そうならないように

常にアンテナを張っていかないとダメなんだなっておもいました。

タイトルとURLをコピーしました